グローバル・拠点紹介

TOP > 企業情報 > グローバル・拠点紹介

工場

埼玉工場  >MAP

当社の主力工場として開設された埼玉工場では、現事業を支える多くの技術・製品が開発されてきました。現在は、高度な生産技術と品質管理を要する生産を行いながら、新技術を導入するなど新製品の開発にも力を注ぎつつ、安全・環境面での改善・充実を図っています。

● 主な製品

アミノ酸活性剤(ソイポン類、アラノン類)、化粧品基剤(油性基剤、コラーゲン類)、硬化油(局方品、一般工業用)、滑剤類、水素化触媒(スポンジメタル、貴金属触媒)、医薬原薬、精密化成品、その他受託製品

埼玉工場

福井工場  >MAP

福井工場は、近代的最新鋭設備の導入と少数精鋭主義により省力化を推進。

当社の得意技術であるEO/PO付加反応設備を有し、常に品質・環境両面の改善に努めながら、各種製品の量産に寄与しています。

● 主な製品

両性界面活性剤(ソフタゾリン類)、非イオン性活性剤(アミゾール類、アミゼット類、アセチレノール類)、コンディショニング基剤(カワソフト類)、脂肪酸クロライド、高分子系分散剤、アルミニウム有機化合物(アルミニウムイソプロポキシド、アルミニウムキレート類)、アルミナゾル・その他受託製品

福井工場

静岡工場  >MAP

豊かな自然の中にあってクリーンな設備を誇る静岡工場は、ファイン事業部の生産拠点として、より高度な品質管理と保証体制の強化に努めています。高圧水素化設備としてハステロイオートクレーブ等を有し、量産型GMP対応設備を整えるとともに、環境問題にも組織的に取り組んでいます。また、研究棟の新設により、さらなる業務拡充を図っています。

● 主な製品

精密化成品、水添加工品、医薬原薬、医薬中間体、スポンジ触媒用合金調整、貴金属触媒メタル回収、その他受託製品

静岡工場

研究部門について

川研ファインケミカルの研究活動は営業部門・製造部門と密接に連携し、ユーザーニ一ズに基づいた開発を行っています。各工場に研究部門を設け「最高レベル」と「スピード」を目差し、新規自社製品の開発、受託研究、OEM製品開発に積極的に取り組んでいます。

所属

主な研究テーマ

ライフ事業部

埼玉研究グループ

各種界面活性剤の合成および性能評価

香粧品の処方開発

福井研究グループ

各種界面活性剤および化粧品基剤の開発と工業化検討

ファイン事業部

機能材料研究グループ

各種ナノ素材を利用した機能性材料、部材の開発
アルミニウム化合物、アルミナナノ粒子および高分子系分散剤の研究開発

SC研究グループ

水素化触媒・カップリング用触媒の研究開発
水添を主とした合成研究、プロセス開発

SC技術グループ

原薬・中間体・化成品の工業化検討、工場への技術移管

関連会社

四ツ葉油化株式会社

川研の界面活性技術を香粧品に応用し、石鹸・スキンケア・ヘアケア・ボディケア製品等を開発・製造しています。

GMP適合設備を保有し、香粧品類の受託生産も実施しています(化粧品・医薬部外品製造業、同製造販売業許可取得済)。

営業窓口は、川研ファインケミカル(株)ライフ事業部営業開発部香粧品営業Gが行っております。

所在地

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-3 堀留中央ビル
TEL.03-3661-3291

工場

〒289-3181 千葉県匝瑳市野手 17146
TEL.0479-67-3421
FAX.0479-67-5080

代表者

髙梨 宏司

資本金

5,000万円

日銘商事株式会社

1966年に界面活性剤「アミゾール類」をはじめとした川研の活性剤製品全般の販売強化を目的に、川研の系列会社として設立されました。その後、化成品類・触媒類・新製品の販売も扱うとともに、他社製品の各種活性剤や活性剤原料等も扱っています。2014年、川研の100%子会社となりました。

所在地

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-5-1 ふじビル5階
TEL.03-3279-5975, 5976
FAX.03-3279-5268

メールアドレス

info@nichimei.co.jp

代表者

亀田 純孝

資本金

1,000万円

川研総合サービス株式会社

川研およびグループ会社に対する清掃、廃棄物回収、生産工程における充填、包装、 廃水処理等の補助業務請負ならびにトイレタリー商品の販売、機器類の輸出等を行っております。

所在地

〒350-1159 埼玉県川越市中台2-2-10
TEL.049-242-3379
FAX.049-242-3529

代表者

髙梨 宏司

資本金

1,000万円

KAWAKEN SINGAPORE PTE. LTD.(Singapore)

急成長する東南アジアを中心に、中近東やオセアニア市場に向けた川研グループ製品の拡販と、川研グループ向けの安価な海外原料調達等の推進を目的に、2013年に当社初の海外販社として設立しました。

所在地

10 Anson Road, #14-15 International Plaza,
Singapore 079903
TEL.+65-6220-6506
FAX.+65-6220-6595

代表者

足立 正

資本金

74.8万シンガポールドル

K&FS PTE. LTD.(Singapore)

シンガポールにおいて原料入手の優位性を活かし、川研独自のノウハウを注ぎ込んで、ヤシ油、パーム核油から非イオン界面活性剤「アミゾール」を生産しています。川研グループにおける海外生産拠点として1988年に設立しました。

所在地

45 Senoko Road Singapore 758114
TEL.+65-6752-9786
FAX.+65-6752-2014

メールアドレス

sales@kfs.com.sg

代表者

足立 正

資本金

160万シンガポールドル

Kawaken Sterling Surfactants PVT. LTD.(India)

“Japan Quality & Asian Cost”を合言葉に、歴史と特有の文化が活きているインドに日本トップクラスの川研の生産・品質管理技術を融合して、各種界面活性剤を生産しています。2007年より操業を開始し、拡大しつつあるインド国内や西アジア、アフリカ市場に製品供給しています。

所在地

Plot No. 30/31, Marol Co-op. Industrial Estate, Off. M. V. Road, Andheri (East), Mumbai 400 059, India
*お問い合わせはライフ事業部まで(TEL 03-3663-9521)

代表者

Prakash Joshi

資本金

7,800万インドルピー

pagetop